王室研究会連合活動記録

大学連合サークル、王室研究会の日々の活動を綴ります。

設立の宣誓と紋章

王室研究会統合の象徴である金冠

f:id:Fujisakiand:20200420211848j:plain

金冠

設立の宣誓

歴史とは常に連続性が存在し、またその連続は奇跡の連続である。先例とは常に始まりの起源を探るものであり、先例が突如として顕現することはない。地球という惑星に今闊歩しているのは我々人類である。人類は決して独歩の道を突き進むことはなかった。そこには常に一集団をまとめる‘‘王’’の存在があった。またそれは世襲によってその身位に神聖を帯びさせ、またそれはカリスマ的才能によって人々を導いてきた。この現世においては多種多様な世界観が築かれ、その各々は自らの正確性と真実性を歴史に見出し当今の存在意義を保つことができている。世界各国の王族の歴史を探ることは世界の通史の博識を広めることと同時に今の我々を取り巻く世界情勢を理解する上で大いに役立つことである。過般来、王統の息吹を浴びない者は存在しなかった。時に生臭いものでもあり時に流れゆく川のような清廉さもあるそれは過去の我々と未来の我々を繋ぐものであり今の我々に直接メッセージを託してくる。王室研究会はこれを見逃さない。歴史研究とは常に未来に身体を向けているものである。我々は過去の王統から得られる現代の教訓を具現し世界の通史を理解していく。