王室研究会連合活動記録

大学連合サークル、王室研究会の日々の活動を綴ります。

ハプスブルク展のススメ〜欧州と日本の君主制〜

こんにちは。王室研究会です。

今回は西洋王室担当の者が執筆いたしました。

 

 2019年10月19日から2020年1月26日にかけて上野公園にある国立西洋美術館で「ハプスブルク展」が開催されている。私も行きたいと思い、ついに行くことになった。今回の展示のテーマであるハプスブルク家とは主にオーストリアを中心に神聖ローマ帝国中央ヨーロッパを中心にヨーロッパの各地を支配したヨーロッパ随一の名門であり、政略結婚などを駆使して領土を広げて小領主から大帝国の支配者へとなりあがったことで知られる。ハプスブルク展の展示品については神聖ローマ皇帝位のハプスブルク家世襲を確立させたマクシミリアン1世からオーストリア=ハンガリー二重帝国皇帝のフランツ=ヨーゼフ1世に至るまでのハプスブルク家の約600年にわたる美術コレクションについて取り扱っており、展示方法も収集した順に並べられており、会場の壁の色もコーナーごとに区別されているので、誰にでもわかりやすいように展示されていた。
 ハプスブルク家は先述したように大帝国を築いたイメージが強いが、同時に芸術品の大コレクターとしても有名である。今回展示された作品ではブリューゲルやベラスケスなどの有名な画家の絵画はもちろん、甲冑や繊細な細工品などもあり、バリエーションに富む。また、神聖ローマ皇帝ルドルフ2世などのハプスブルク家屈指の大コレクター達の収集品も多く展示されており、まさに「絵画で楽しめるハプスブルク家の歴史」といったところである。
 また、ハプスブルク家の皇族方の肖像画も展示されており、オーストリア大公の方々をはじめ、有名なフランス王妃であるマリー=アントワネット(ハプスブルク家の出身)や2020年4月9日から帝国劇場で演じられるミュージカルの主人公であるフランツ=ヨーゼフ1世の皇后エリザベート肖像画も展示されており、王室マニアはもちろんのこと、歴史マニアも満足させるものが多かった。
 展示終了まであとわずかであるが、チケットは当日券で一般料金1700円・大学生料金1100円であるが、上野公園内にある他の博物館の特別展のチケットを合わせて利用すると割引もでき(詳しくは公式TwitterやHPを要確認)、さらに大学がキャンパスメンバーズに入っていればかなりお得に観覧できる。ハプスブルク家西洋史を愛する方は必見である。(了)

 

ハプスブルク家のように、欧州の王室・皇室は国が違えど、先祖を辿れば同一の者にたどり着くことが多くあります。

日本の皇室は、その島国という地理的条件も相まって、欧州のような複雑な家系図を描くことはありませんでした。

 

何はともあれ、古今東西において王室というものは時代によって権威の"色"を変えていったのです。

 

今日もまた、王室研究会連合一同は世界中の王室・皇室の弥栄と、王位請求者の日常が健やかなることを祈願しています。

 

明治大学王室研究会 代表